• TOP
  • > フェンシング部

フェンシング部

fencing club
  • フェンシング部は全国制覇を目標に掲げ日々練習しています。部員全員、中学、高校入学してからフェンシングを始め、全国大会に数多く出場しています。

  • フェンシングを通じての人間形成
    全国制覇

  • 全国選抜大会・全国高校総合体育大会・国民体育大会・全日本選手権等全国大会に出場

    平成26年度 全国高校総合体育大会

    個人フルーレ・エペ 出場   学校対抗 出場

    近畿大会 個人フルーレ 第3位  個人エペ   第3位  学校対抗   第3位

    平成25年度 全国高校総合体育大会

    個人フルーレ・エペ・サーブル 出場  学校対抗 出場

    近畿大会 個人フルーレ 第3位  個人エペ   第4位  個人サーブル 準優勝  学校対抗   第3位

    近畿新人大会 個人フルーレ 準優勝  学校対抗   第3位

    全国選抜大会 出場

  • 部員紹介

    中学高校併せて30名程度で活動中です。

  • 活動状況

    中学1年生から高校3年生まで合同で練習しています。  初めて剣を持った選手から日本代表を目指す選手まで幅広いレベルの選手が同じ道場で練習しています。  

  • 活動日程

    フェンシング道場       月曜日~土曜日 放課後3時間の練習       日曜日     9時~12時

  • キャプテン

    今西佑斗
    まもなく国体、インターハイの予選が始まります。
    精一杯頑張りますので、応援お願いします。

  • 顧問

    好川

    フェンシングは騎士道に基づいています。我が部はフェンシングを通じて人間形成を第一目標としています。単に勝てばいいのではなく、勝つためにどうすればいいか、部のために今自分は何をすべきなのか、など、他人から与えられるのではなく、自分で考えて行動できる選手を育てて行きたいと思っています。
    清風フェンシング部でしか経験出来ないことが沢山あると思います。ぜひ我々と共に全国制覇を目指しましょう。

試合結果報告

  • 高校
    9月23日 大阪府の新人戦が行われました。
    優勝 麻生川昌平 (一年)

  • 中学
    9月23日 中学生大会が行われました。
    一位 坪本龍佑(二年)
    二位 橋本颯也(三年)
    三位 白井壮輝(三年)
    四位 今西佑斗(二年)

    (右から坪本、橋本、白井、今西)

  • 12月13日(土)14日(日)と滋賀県石山高校にて各府県の選抜された中学生と高校一年生のフェンサーが集り、合同練習会(2014NAVIカデ・キャンプ近畿)に部員4人で参加してきました。
    ロンドンオリンピックに参加された方を講師に来て頂きました。
    写真はその集合写真です。

    12月30日
    大掃除とOBを招いてのOB戦でした。年内の活動は終了しました。年始は1月2日からです。2014年もありがとうございました。
    来年もよろしくお願いします。
    フェンシング部一同

  • 1月24日(土)25日(日)と京都府大山崎町体育館にで近畿高等学校フェンシング新人大会が開催されました。この大会は近畿各府県の予選を勝ち抜いた選手(1年生・2年生)の大会になります。春の近畿大会で一年生の神田宗一郎が3位入賞していましたので、優勝を目標に大会に臨みましたが、調子が上がらず、残念ながら6位入賞でした。次回は優勝目指して頑張ります。
    表彰式の様子

  • 試合直後
    左:神田宗一郎(高校1年生)第6位
    右:麻生川昌平(高校一年生)ベスト16

    今後とも応援お願いします。

  • 3月2日(月)第67回の卒業式が行われ、フェンシング部3年生3名が清風高校フェンシング部を巣立って行きます。高校で剣を置く者、引き続き大学で競技するもの様々ですが、清風高校フェンシング部で学んだことを糧にしてくれればと思います。
    集合写真(全体)

  • 3年生と顧問

    卒業生は左から 
    キャプテンの林致憲、副キャプテンの岩城夢音、副キャプテンの景山知耶です。
    2年生が名実ともに最上級生になりました。まだまだ未熟ですので、今後とも応援お願いします。

  • 5月の2日~4日まで岐阜県大垣市で開催されます、大垣選手権大会に参加してきました。
    この大会は個人戦ではなく、団体戦のみの大会です。
    フェンシングの団体戦は、各チーム3人で構成されます。それぞれ3人が相手チームの3人の選手と対戦します。3人×3試合で、チームとして個人戦を9試合することになります。ですから、個人戦を5回先に勝った方が勝者となります。

    以下、試合風景の写真です。

  • 大会会場でのベンチの様子です。

    体育館の観覧席で食事や更衣を行います。選手が見ている用紙は試合のスコアカードです。

  • 結果報告

    高校
    6月14日・21日 大阪府のインターハイ予選が行われました。
    団体 優勝  清風高校
           遠藤翼(3年)・神田宗一郎(2年)・森田慶吾(2年)・新田健人(2年)・麻生川昌平(2年)
    フルーレ個人 準優勝 神田宗一郎(2年)
    サーブル個人 優勝  神田宗一郎(2年)
    エペ個人   優勝  新田健人(2年)

    負ければ3年生は引退がかかる試合でしたが、頑張って勝ってくれました。
    また、フルーレ個人・団体、サーブル個人、エペ個人と実施全種目での出場を果たしました。インターハイは8月7日から11日まで奈良県で開催されます。応援の程よろしくお願いします。

    フルーレ準優勝・サーブル優勝の神田宗一郎(2年)

    インターハイ予選終了時の集合写真

  • 試合結果
    6月27日。28日と滋賀県で近畿大会が開催されました。

    インターハイ予選から立て続けの試合で疲労が抜けきれず、成績は振るいませんでした。

    フルーレ個人 第7位   神田宗一郎(2年)
           ベスト16 遠藤翼(3年)・森田慶吾(2年)
           2回戦   麻生川昌平(2年)
    サーブル個人 第3位   神田宗一郎(2年)
    エペ個人   第4位   新田健人(2年)
    団体     緒戦敗退

    個人戦の様子 麻生川昌平(2年)右側

    ベスト8を目指しましたが、惜しくも敗退した森田慶吾(2年)右

    ベスト8になり、試合前の選手紹介をする神田宗一郎(2年)

    試合の合間に監督の指示を聞く神田宗一郎(2年)


  • 学校対抗の団体戦での神田宗一郎(2年)左側

    団体戦にて相手選手を見事に突くキャプテン遠藤翼(3年)

    サーブル個人で3位の表彰状を受け取る神田宗一郎(2年)

    インターハイでは近畿大会の雪辱を果たせるよう頑張りますので、応援よろしくお願い致します。

  • 8/7~8/11 奈良県桜井市芝運動公園総合体育館にて全国高校総体出場

    悔いのない試合をしてきます。応援よろしくお願いします。
    モチベーションビデオを作成しました。ぜひご覧ください。

    フェンシング部 モチベーションビデオ

  • 8月7日から11日にかけて、奈良県桜井市で開催されました高校総体(インターハイ)に出場しました。
    開会式会場の様子

    初戦前の団体戦出場メンバー

    相手と熱戦を繰り広げ、見事勝利した森田慶悟(2年)奥側

    試合開始前にサリュ(礼)を行う神田宗一郎(2年)奥側

    試合前の遠藤翼(3年)奥側

    大舞台の緊張もあり結果はふるいませんでしたが、今回の経験を糧に2年生中心のチームが来年大きく飛躍することを期待しています。
    【結果一覧】
    個人サーブル 神田宗一郎 予選通過・トーナメント初戦敗退
    個人フルーレ 神田宗一郎 予選敗退
    個人エペ 新田健人 予選プール敗退
    団体フルーレ ベスト32

    キャプテンの遠藤翼(3年)は全国大会初出場ながら、団体戦では活躍しチームを勝利に導きました。キャプテンとしてチームをまとめ、結果こそ振るいませんでしたが、今後の彼の人生にとって大きな財産になるものと確信しています。
    今後は剣をペンに持ち替え受験勉強に頑張ってくれることだと思います。
    お疲れ様でした。

  • 9月11・12日の二日間、文化祭が行われました。
    フェンシング部は運動場でそうめん屋さんを出店しました。
    いろいろなトッピングでバリエーションを作り、大盛況を収めました。
    中でも一番の人気は梅の入ったあっさり風味でした。

    黄色のエプロン姿の神田(2年)


    ガチャピンのエプロンを着て調理する森田(2年)と真顔でピースサインをしつつ店番をする土井(2年)。それを後ろからほほえましく見つめる澁谷(中学2年)。

    いつもは厳しく練習に取りくむ部員達も、今回は和気あいあいとお店経営を楽しんでいました。
    新入部員もこの文化祭で今まで以上に部に馴染めました。

  • 9月13日に大阪府私学大会と大阪府中学生新人戦が行われました。

    中学生大会での入賞者

    優勝  今西佑斗(3年)中央
    準優勝 堀川湧太(3年)左
    第四位 力武優斗(2)年)右


    大阪府私学大会は優勝しました。
    高校生団体メンバー(手前列)と部員達の集合写真。
    手前列左から新田健人、麻生川昌平、神田宗一郎、森田慶吾、土井荘平(全て2年)。

    高校生メンバーはインターハイや国体などでスポットライトが当たることが多いですが、この日は中学生も主役でした。
    この結果で自身をつけた彼らは、今後高校生の先輩にも負けないような立派な選手に成長してくれることを願っています。

  • 【国体報告】

    第70回国民体育大会に神田宗一郎(2年)が大阪府少年男子代表として参加しました。
    結果は9位と入賞まであと一歩でした。次回は更なる高みを目指し、頑張ってくれるものと思います。


    【大阪選手権報告】

    10月4日(日)に、大阪府立門真スポーツセンターにて第44回大阪選手権を主催いたしました。総勢400名を超える全国からの参加者の中、清風学園フェンシング部員の中高生が立派に戦いました。
    前日からの会場設営も部員総出で行い、最後の後片付けまできっちりと手伝ってくれました。ただ試合に参加するだけでなく、裏方の仕事もしっかり学ぶことで、精神力、体力ともにより一層鍛えられていると確信しています。

    開会式で選手宣誓を行う主将の神田宗一郎(2年、左側白と紺のジャージ)

  • 12月20日に京都府大山崎市で開催されました大山崎カップに中学生12名が参加しました。中学1年生にとっては初めての遠征で、中2、中3にとっても数少ない遠征でしたが、前日から京都市内で宿泊し、当日はいい状態で試合に臨めました。


    (開会式に参加する部員)
    中2、中3にとっても数少ない遠征でしたが、前日から京都市内で宿泊し、当日はいい状態で試合に臨めました。

    (写真左から、【中3】今西・【中3奥】堀川・【中3手前】坪本)

    清風中学校フェンシング部員は数年後には高校生として夢の舞台であるインターハイや国体、全日本選手権を目指して練習を積むものがほとんどですが、こういった何百名も参加するような対外試合には独特の空気感を肌で感じることで、緊張の克服や、作戦の組み立て方など非常に多くのことを経験できたかと思います。

    (写真左から、【中3奥】岩崎・【中3奥】澤)

    また、運動部の集団生活における礼儀や作法を、泊まり遠征を通してより学べたように感じます。


    (写真左から、【中2】力武・【中2奥】中野・【中2中央】吉田)


    (写真左から、【中1】中井・【中1奥】奥田)

    (写真左から、【中1奥】谷端・【中1手前】辻中)

  • 【近畿大会 報告】
    1月23日に滋賀県で近畿大会が開催されました。
    大阪府予選を勝ち抜いた神田宗一郎と麻生川昌平が出場しました。
    2人とも予選を無事勝ち抜きトーナメントに進出しました。
    トーナメントのベスト8進出をかけたところで、まさかの同校対決となりました。


    (麻生川に得点を決め、ガッツポーズの神田)

    (左:神田 右:麻生川)

    フェンシングのトーナメントは大会にもよりますが、試合は3分3セット(セット間は1分の休憩)で行われ、15点先に取った方が勝者となります。(同点の場合は1分の延長戦)
    試合は一進一退のシーソーゲームでした。14対14で残り時間少なくなり、誰もが延長戦突入かと思われた残り2秒で麻生川の攻撃が決まり15-14で麻生川の勝利となりました。
    ベスト8に進出した麻生川に期待がかかりましたが、消耗がはげしく、優勝した選手に負けてしまい、8位となりました。

    (8位の表彰状を受け取る麻生川)

    【西日本大会 報告】
    2月13日、14日と和歌山県で西日本大会が開催されました。
    通常の大会は、高校生の部、中学生の部などと日本の学校制度にあわせたカテゴリーになっていますが、この大会は国際大会に準じた年齢区分の大会になります。サッカーなどでU23などは23歳以下の大会となっているように、フェンシングの国際大会は、シニア、ジュニア、カデ、ミニム…という呼び方になります。
    概ねジュニアは大学2年生から高校2年生まで、カデは高校1年生から中学1年生までとなります。またこの大会は日本ランキング対象大会となっており、選手の参加者も多く、レベルの高い大会になります。

    右:中井陸翔(中学1年)
    (高校生相手に見事公式戦初勝利をあげた中井。)

    右:中井陸翔(中学1年)

  • 3月2日に、清風高校の卒業式が執り行われました。フェンシング部からは主将の遠藤翼と苗村将が巣立っていきました。
    二人とも高校性からフェンシングを始め、3年間という短い時間の中で、精一杯やり遂げてくれました。特に遠藤に至っては、インターハイ予選での活躍は目を見張るものがありました。お疲れ様でした。
    高校生活を離れても、清風高校フェンシング部で学び、感じたことを生かせば、きっと大学生活や社会生活においても力を存分に発揮できることと思います。


    部員達の前で最後の挨拶を行う遠藤翼(右奥)と苗村将(右手前)

    監督、顧問との記念撮影
    (左から好川、遠藤翼、苗村将、筒井、阪口)

    先輩の卒業式に駆けつけてくれた部員達との記念撮影

  • 3月28、29日に、和歌山県立体育館にて和歌山オープン大会が行われました。我がフェンシング部からは中高合わせて12名が参加し、熱戦を繰り広げました。

    高校選抜フェンシング大会の直後でしたが、全国から有名校が参加しており、各校が激戦を繰り広げるエキサイティングな大会になっていました。


    相手選手と対峙する力武優斗(中2、右)

    試合前に緊張の面持ちで検査を受ける今西佑斗(中3)

    じりじりと相手との距離をつめていく堀川湧太(中3)

    試合直前に入念な準備をする神田宗一郎(高2)

    気合いを入れ、マスクを被る土井荘平(高2)

    相手への気迫のこもったアタックを見せる麻生川昌平(高2、右)

    相手に素早く攻撃を仕掛ける吉田充希(中2、左)

    試合前に相手選手とレフェリーに礼を行う中野雄斗(中2)

    相手選手に力のあるアタックを仕掛けた渋谷和典(中2、手前)

    相手選手と剣をはじき合う松葉彰大郎(高2、右)

    果敢にアタックし、見事得点した白井壮輝(高1、右)

    相手選手との距離を意識する新田健人(高2、右)
    《最終結果報告》
    Aチーム 麻生川 昌平(高2)
         神田 宗一郎(高2)
         土井 荘平(高2)
    →Aブロックトーナメント10位

    Bチーム 新田 健人(高2)
         松葉 彰大郎(高2)
         白井 壮輝(高1)
    →Cブロックトーナメント準優勝

    Cチーム 今西 佑斗(中3)
         堀川 湧太(中3)
         力武 優斗(中2)
    →Dブロックトーナメント優勝

    Dチーム 渋谷 和典(中2)
         吉田 充希(中2)
         中野 雄斗(中2)
    →Cブロックトーナメント15位     

    今年度の大会は全て終了です。4月からの新シーズンは4月24日の平岡杯で開幕します。
    応援よろしくお願いします。

  • 6月12日に、インターハイ大阪府予選の個人フルーレの部、学校対抗の部が行われました。一都道府県に対して、個人フルーレ2名、学校対抗1チームの出場枠が高体連より与えられていますが、清風高校はなんと出場枠全てを勝ち取ることができました。
    高校運動部員の夢の舞台での活躍を期待しています。


    個人フルーレの部で優勝した麻生川昌平(3年)

    個人フルーレの部準優勝の神田宗一郎(3年)

    個人フルーレの部第4位の堀川湧太(1年)

    団体フルーレの部で優勝した団体メンバー(左から松葉彰大郎、麻生川昌平、神田宗一郎、土井荘平、新田健人(全て3年))

    インターハイ出場を記念して撮影した集合写真

    インターハイは7月29日より山口県岩国市で開催されます。

  • 6月19日に、インターハイ大阪府予選の個人エペの部、個人サーブルの部が行われました。清風高校からはエペ6名、サーブル5名が出場しました。各種目1名のみがインターハイ出場権を獲得できますが、清風高校からは激闘の末、どちらの種目も出場を勝ち取りました。前週に開催された個人フルーレ、学校対抗も出場権を獲得していますので、今週の結果と合わせて久々に完全優勝を果たしました。
    厳しい練習の結果、高校性の檜舞台であるインターハイに参加する権利を得ました。日本中の全高校生の頂点に立つことを目標にこれからも精進して参ります。


    個人サーブルの部で優勝した松葉彰大郎(3年)

    個人エペの部で優勝した土井荘平(3年)
    インターハイ出場者名
    【学校対抗の部】
    清風高校 出場
    神田 宗一郎(3年)
    麻生川 昌平(3年)
    土井 荘平(3年)
    新田 健人(3年)
    堀川 湧太(1年)

    【個人フルーレの部】
    麻生川 昌平(3年) 
    神田 宗一郎(3年)

    【個人エペの部】
    土井 荘平(3年) 

    【個人サーブルの部】
    松葉彰大郎(3年) 

  • 6月25日・26日と、和歌山県で行われました近畿高等学校フェンシング大会に出場し、4種目(個人フルーレ・エペ・サーブル・学校対抗)で熱戦を繰り広げました。清風高校は激闘の末、なんと個人サーブルの部で優勝することができました。毎日厳しい練習を黙々とこなしてきた積み重ねが、近畿チャンピオンという輝かしい結果に結びつきました。清風高校初のサーブル個人のチャンピオンです。


    表彰式での松葉彰大郎(3年)

    厳粛なムードの中、優勝カップと賞状、記念品を受け取るところ

    近畿チャンピオンとなり、笑顔の松葉

  • 高校生の全国大会は3つの大会があります。夏の高校総体(インターハイ)、秋の国民体育大会、春の選抜となります。春の大会の予選が1月21日・22日に和歌山県で開催されました。

    【結果報告】
    全国高等学校選抜フェンシング大会近畿地区予選

    準優勝 清風高校
    白井壮輝・今西佑斗・坪本能幸・澤龍之介・堀川湧太


    表彰式の様子

    集合写真

    選手(写真左より坪本、今西、白井、澤、堀川)

    全国高等学校選抜フェンシング大会は3月18日~20日に山梨県甲府市で開催されます。応援の程よろしくお願いします。

  • ◆ インターハイ個人エペ・サーブル大阪府予選  ◆
      開催日: 平成29年5月14日(日)
      開催場所: 上宮高校

    5月14日、インターハイ個人エペ・サーブルの大阪府予選が上宮高校で行われました。
    清風高校からは今西佑斗(2年)がサーブルで優勝しました。
    サーブル種目の大阪チャンピオンを勝ち取った今西選手、お疲れ様でした。
    また、6月のフルーレ個人・団体もしっかり頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。


    勝って兜の緒を締める今西(2年)
    【最終結果】

    個人サーブルの部優勝  今西佑斗
    個人サーブルの部準優勝 坪本能幸

  • ◆ インターハイ個人・団体フルーレ大阪府予選会 ◆
      開催日: 平成29年6月11日(日)
      開催場所: 上宮高校

    6月11日、インターハイ個人・団体フルーレの大阪府予選が上宮高校で行われました。
    激闘の末、清風高校は見事優勝しインターハイ団体出場を獲得し、また個人フルーレでも力武が優勝し出場を決めました。
    すぐに近畿大会(6月17日、18日)やインターハイ本戦(7月31日~)はやってきます。
    気を引き締めて練習をこなし、ひとつひとつ勝ち進んでいきたいものです。


    本戦出場を勝ち取った団体メンバー。
    左から、澁谷(1年)、坪本(2年)、今西(2年)、堀川(2年)、力武(1年)


    一年生ながら個人フルーレで優勝し、喜ぶ力武(1年)

    チームで記念撮影。
    【最終結果】

    個人フルーレの部優勝  力武優斗(1年)
              第三位  堀川湧太(2年)
    学校対抗の部優勝     清風高校

  • ◆ インターハイ出場 ◆
      開催日: 平成29年7月30日(日)~8月5日(土)
      開催場所: 気仙沼市総合体育館

     7月30日~8月5日の日程で、南東北で開催されましたインターハイに出場しました。
    フェンシング競技の会場は気仙沼市総合体育館で、我々清風高校フェンシング部は総勢11名で乗り込みました。
    長時間の移動による疲労も大きかったですが、最後まで果敢に戦い抜きました。


    個人フルーレの部で、相手との距離感をはかりながら追い詰めていく力武優斗(1年)

    個人サーブルの部で、相手を見事にカットする今西佑斗(2年)

    団体戦で、試合前に相手チームと礼をする清風団体チーム。
    右から澁谷和典(1年)、坪本能幸(2年)、力武優斗(1年)
    堀川湧太(2年)、今西佑斗(2年)。

    敗戦してしまった後に、大会公式カメラマンに撮影して頂いた写真。
    右から力武優斗(1年)、澁谷和典(1年)、堀川湧太(2年)
    今西佑斗(2年)、坪本能幸(2年)。

    全日程終了後、全参加部員で記念撮影。
    右から中野雄斗(1年)、今西佑斗(2年)、澤龍之介(2年)
    堀川湧太(2年)、坪本能幸(2年)、吉田充希(1年)
    澁谷和典(1年)、平田歩己(1年)、力武優斗(1年)
    【総合結果】
    個人フルーレの部
     
    ベスト64 力武優斗(1年)
    個人サーブルの部
    ベスト32 今西佑斗(2年)
    学校対抗の部
    ベスト32

  • ◆ 大阪府私学大会 ◆
      開催日: 平成29年9月23日(木)
      開催場所: 上宮高校体育館

    9月23日に、大阪府私学大会に参加しました。
    上宮高校の体育館で行われた試合に乗り込んだ結果、清風高校団体チームは見事優勝することができました。
    試合の数日前にはメンバーの負傷などもあり一時はどうなることかと思いましたが、ふたを開けてみれば優勝で幕を閉じることができました。


    試合が終わり、笑顔で写真を撮る清風高校団体チーム。
    左から、力武(1年)、澁谷(1年)、今西(2年)、堀川(2年)、吉田(1年)

  • ◆ 全国選抜大会〔大阪予選〕 ◆
      開催日: 平成29年11月19日(日)
      開催場所: 上宮高校体第二育館

    全国選抜大会は、フルーレ・エペ・サーブルの三種目で団体戦を行います。
    その都道府県予選が11月19日、上宮高校第二体育館にて行われました。
    熱戦の末、三種目とも、見事優勝を成し遂げました。
    三種目において全国選抜大会の近畿予選への出場権を獲得することができました。


    ※フルーレ団体メンバー
    左から澁谷(1年)・力武(1年)・今西(2年)・堀川(2年)・吉田(1年)

    ※エペ団体メンバー
    左から澁谷(1年)・澤(2年)・堀川(2年)・中野(1年)


    ※サーブル団体メンバー
    左から吉田(1年)・力武(1年)・今西(2年)・坪本(2年)・平田(1年)

    ※応援の中学部員も含め、皆で撮影

    喜びのあまり、こんな写真も撮りました。
    【結果】
    フルーレの部 優勝

    今西(2年)・堀川(2年)・力武(1年)・澁谷(1年)・吉田(1年)

    エペの部 優勝
    堀川(2年)・澤(2年)・澁谷(1年)・中野(1年)

    サーブルの部 優勝
    今西(2年)・坪本(2年)・力武(1年)・吉田(1年)・平田(1年)

    全種目全国選抜出場を目指し、近畿大会に挑みますので、ご声援よろしくお願いいたします。

大阪大、神戸大、防衛大学校、明治大

  • 集合写真

  • 集合写真

  • 試合風景

  • 練習風景

清風学園 清風中学校・高等学校
〒543-0031 大阪府大阪市天王寺区石ケ辻町12-16
TEL:06-6771-5757
入学案内

Copyright (C) 2014 Seifu Gakuen. All right reserved.