• TOP
  • > ハンドボール部

ハンドボール部

hand ball club
  • ハンドボールは、コートプレイヤー6名とゴールキーパー1名の計7名のプレイヤーで行う競技です。現在、2年生13名と1年生13名の計26名で活動しています。中学校時代の経験の有無に関係なく入部し、活動しています。

  • 近畿選手権大会出場

  • 主な実績

    平成26年度:大阪新人大会(ベスト12)
    平成25年度:大阪インターハイ予選(ベスト8)

    平成24年度:大阪新人大会(ベスト8)、大阪インターハイ予選(ベスト8)

    平成23年度:大阪新人大会(ベスト12)、大阪秋季大会(第3位)

    平成21年度:大阪新人大会(ベスト12)、大阪秋季大会(ベスト8)、大阪インターハイ予選(ベスト12)

    平成20年度:近畿私学大会(第2位)、大阪新人大会(ベスト12)、大阪秋季大会(ベスト12)、大阪インターハイ予選(第5位:近畿選手権大会出場)

    平成19年度:大阪秋季大会(ベスト12)

  • 活動状況

    月曜日~土曜日の毎日の放課後に、運動場の中央部分で中学生と高校生とで活動しています。     日曜日は、原則として、公式試合や練習試合のあるときのみ活動します。

  • キャプテン

    大西 健二朗

    栄光に近道なし。

  • 顧問

    長屋

    ハンドボールは、「走ること」、「跳ぶこと」、「投げること」のすべてが必要である競技です。身体能力の向上にはとても役立ちます。また、身長の高さや走りの速さや肩の強さといったそれぞれの特徴に応じたポジションがあるので、個性に応じて楽しめるスポーツでもあります。

試合日程

  • 大阪高体連ハンドボール専門部主催の大会(大阪高体連ハンドボール専門部のHPを参照)

    大阪インターハイ予選大会

    ブロック大会(4月~5月)

    中央大会(6月)

    大阪私学大会(8月)
    近畿私学大会(12月)

  • 高校ハンドボール部 活動報告

    大阪新人大会でベスト12という成績を残しました。
    今年度も文武両道めざして頑張ります。
    応援よろしくお願いします。

  • 8月中旬に高校ハンドボール部は大阪秋季大会に参加してきました。
    様々な場所へ遠征に行き、3日間にわたって試合を行いました。
    結果は・・・なんと「大阪府ベスト8‼‼‼‼」
    故障によりベストなメンバーでの参加とはいきませんでしたが、日ごろの練習の成果を発揮し、結果に結びつけることができました。


    大会直後の集合写真です。
    ベンチや応援席にいたメンバーも一丸となりつかんだ結果に、充実感があふれています。
    さて、高校2年生を主にした新チームが動き出しました。まだまだ課題は山積みですが、幸先の良いスタートかなと感じています。
    先輩・後輩という関係だけでなく、経験者・初めてハンドボールに関わる生徒、様々な関係があり、たくさんの良い化学反応が起きています。お互いを刺激し合いながら清風高校ハンドボール部が成長していき、より良いチームにしていきたいと思います ヾ(@°▽°@)ノ

  • 11月に開催された高校新人大会のブロック大会が先日行われました。大阪府の高校を南北のブロックに分けて実施される大会で、清風高校は南ブロックに属しています。
    さて、結果は、、、
    なんと『清風高校 南ブロック第1位』でした。
    夏に行われた秋季大会の大阪府ベスト8に続き、今回の大会でも南ブロック1位とすばらしい結果を創り出してくれました。


    表彰式とその直後に撮った写真です。
    集合写真は充実感と達成感に満ち溢れています。

    表彰式はあまりにも試合直後すぎてキャプテンに疲れが見えていますね(笑)

    さて今年度の高校ハンドボール部はまさしく快進撃が続いています。お互いが声を掛け合い、支え合いながらチームとしてどんどん良くなってきています。まぁたまに熱くなりすぎることもありますが・・・それもまた全員がハンドボールに真摯に向き合っている証です。
    この快進撃はいつまで続くのでしょうか?19日、20日の南北ブロックの代表が戦う中央大会でもベストを尽くしてより良い順位を獲得してくれることを期待しています。

  • 春休みに入り、清風高校ハンドボール部も春の公式戦に備えて練習試合に赴くことが増えてます。
    先日も大浜体育館で多数の学校が集まり練習試合を行いました。
    練習試合とは言え、他校のチームと勝負できる貴重な時間です。また、現高校2年生は最後の大会に向けて悔いの残さないように全身全霊でぶつかっていきます。
    1日試合をし続けるのは、体力的にも精神的にも大変です。最後の方は選手たちもへとへと。そんな状態だからこそ、自分たちの改善すべき点に気づき、チーム力向上のチャンスです。

    さて、今回は試合の風景を写真に収めましたので、少しだけ紹介します。

    これは7mスローを投げる前です。
    7mスローというのは、キーパーとの1対1の勝負。サッカーでいうPKみたいなものです。
    投げる前にも、フェイントの応酬などがあり、多様な駆け引きが見られます。
    見ている方もドキドキです。

    さぁ投げます。

    このときは、無事ゴールできました。
    良かった(*´▽`*)
    ハンドボールの見どころの一つは攻守の素早い切り替えではないでしょうか。
    この試合の中でも、ディフェンスからの速攻がなんどかありました。

    そのひとつがこちらです。完全にシュートを打つ体制ですが相手チームのDFが間に合ってません。こうなればかなり高い確率で点数を取れます。

    最後はこちら、助走をつけ、高く飛び相手の上からのシュート‼‼

    ハンドボールの中で最大の見せ場ではないでしょうか。これがズバッと決まると非常にチームも勢いづきます。
    なにより、見ていて爽快です。

    今回の写真をアップするにあたってご理解いただきたいのは、写真を撮っても動きが早すぎてぶれてしまう・・・ということです。
    写真では迫力が伝わらないのが悔しいです・・・
    ぜひぜひ一度生でハンドボールを見に来てください。ルールがわからなくても小気味よいテンポと激しいぶつかり合いでなかなか楽しめますよ。

    これからも練習試合、公式戦とどんどん続きます。選手たちは一生懸命勝つために努力・練習をしています。何卒応援してください。

  • ◆ 活動報告 ◆
    平成29年5月28日(日)

    高校3年生によって「負ければ引退」という緊張感あふれる大会に入りました。
    清風は南ブロック第2位として、北ブロックの枚方高校と対戦しました。
    久しぶりの体育館での試合ということで、きちんと動けるかどうか心配していましたが、そんな心配は良い意味で裏切られ、無事勝利しました。
    前半戦大きくリードして終了したので、このまま押し切れるかと思っていましたが、相手校もさすがに北ブロックの代表です。きちんとこちらの戦い方に合わせてきたため、少しひやひやする場面もありながらの勝利。
    更なる成長のための課題をたくさん発見できる試合となりました。

    平成29年5月31日(水)
    大浜体育館を借りて練習。最後の大会に向けて練習にも気合が入ります。
    北羅先生の熱の入った指導のもと選手たちは、声を張り上げ、体を動かします。





    選手たちは一生懸命練習して更なる成長をして次の試合に挑みます。
    全力で取り組み成長を感じながら、自分たちの努力によって勝利をつかみ取る経験はハンドボールに限らず、生徒たちにとって今後の人生に必ず役立つことでしょう。
    高校3年生には、ハンドボールをやり切ったという思いをして引退してほしいものです。
    次の試合は6月4日・10日と続きます。是非とも応援よろしくお願いします。

  • ◆ 活動報告 3月 ◆

    大阪を二つの地区に分けた対抗戦が行われました。
    清風からは,キャプテンの森君が南地区の代表メンバーとして出場しました。

        
    顧問の北羅先生も南地区代表のコーチとして檄を飛ばします。

    南の選抜チームの練習・試合に参加した森君は多くの学びがあったでしょう。
    学んだことを清風のチームメイトに還元できるようにまた頑張ってもらいます。

大阪市立大、大阪府立大、鹿児島大、金沢工大、神戸大、埼玉医大(医)、滋賀大、東京理大、同志社大、奈良教育大、山口大、早稲田大

  • 試合風景

  • 練習風景

  • 練習風景

清風学園 清風中学校・高等学校
〒543-0031 大阪府大阪市天王寺区石ケ辻町12-16
TEL:06-6771-5757
入学案内

Copyright (C) 2014 Seifu Gakuen. All right reserved.