• TOP
  • > 体操競技部

体操競技部

Apparatus Gymnastics Club
  • 私たちのクラブは数々のオリンピック・世界選手権日本代表選手を輩出してきました。現在もこの伝統を受け継ぎ、オリンピック金メダル獲得を目指し、日々練習に励んでいます。

  • 《 夢・努力・継続 》 目指せ、世界一!

  • オリンピック日本代表 14名 (メダル獲得数32個)
    世界選手権日本代表 20名 (メダル獲得数49個)

    (平成26年度)
    ・全国高校総体
       団体総合2位
       個人総合5位
      種目別 鞍馬3位  跳馬3位
    ・全日本ジュニア体操競技選手権大会
      団体総合 優勝
      個人総合3位・5位
      種目別 平行棒 優勝  つり輪2位  鞍馬3位  鉄棒3位
    ・天皇杯 全日本体操競技選手権大会 出場
    ・NHK杯 出場
       

  • 活動状況

    週6日(朝練・昼練・放課後 5~6時間程度)

  • 部員数

    高校16名
    中学7名

  • 試合日程

    ・全日本選手権 4月24~26日
     代々木第一体育館
    ・大阪府春季大会 5月3日 金岡公園体育館
    ・大阪府インターハイ予選兼国体予選兼私学大会
     5月23~24日 大阪市中央体育館
    ・NHK杯 5月17日 代々木第一体育館
    ・近畿高校選手権 6月13・14日
     滋賀県立総合体育館
    ・国体近畿ブロック予選 7月12日
      大阪市中央体育館
    ・インターハイ 8月1日~3日 大阪市中央体育館
    ・全日本ジュニア 8月12日~17日
     横浜文化体育館
    ・大阪府高校総合大会 8月30日
     金岡公園体育館
    ・国民体育大会 9月10~13日
     和歌山ビックホエール
    ・大阪府新人大会 11月1日 金岡公園体育館
    ・全日本団体体操競技選手権 11月 28・29日
      代々木第一体育館
    ・全国高校選抜大会 3月21日
     金沢市総合体育館

  • キャプテン

    石澤 大翔

    インターハイ・全日本ジュニア・国体で団体優勝!

  • キャプテン

    三輪 哲平

    キャプテン・エースという自覚をもってチームを作り上げていきインターハイで団体・個人総合共に優勝する!

  • 顧問

    山口彦則

  • 顧問

    吉田和史

  • 監督

    梅本英貴

試合報告

  •  平成26年度 体操競技部 試合報告

     平成27年度 体操競技部 試合報告

     平成28年度 体操競技部 試合報告

     平成29年度 体操競技部 試合報告

  • 2018年 ユースオリンピック代表選考会

     本校高校1年文理コースD組 北園 丈琉君が過日行われたユースオリンピック代表選考会にて、見事優勝し日本で1名だけの日本代表選手に選ばれました。
    同時に本校体操部監督の梅本英貴先生も日本代表監督に選ばれ、10月にアルゼンチンで行われる第3回ユースオリンピックに子弟で出場することが決まりました。
     高校3年生の早生まれまでの選手が出場する大会で僅差の接戦を制しての優勝は、彼本来の目標である2020東京オリンピック出場へ向けて第1歩を踏み出すことができ、今後も大いに活躍が期待できるところとなりました。
      
      


    平成30年度 大阪府インターハイ予選
     期  日:平成30年5月27日
     場  所:大阪市中央体育館
    【結 果】

     平成30年度インターハイ予選結果

     大阪の今年のインターハイ出場を争う、インターハイ予選が行われ上記のように今年は、個人総合でも1位~8位を本校生徒が独占し、団体だけでなく個人枠の2名も本校生徒で占めることができました。まだまだ、今年の前哨戦ですが、幸先の良いスタートが切れました。インターハイ本番までのあと2か月余りでさらに実力をつけ8月のインターハイでは、是非3年ぶりの優勝を勝ち通ってほしいものです。

  • 平成30年度 全国高等学校体操競技選手権大会

    3年ぶり16回目の団体総合優勝
     期  日:平成30年8月4~6日
     場  所:草薙運動公園体育館
     結  果:団体総合 優勝
     石 澤 大 翔 (3文C ) 三 輪 哲 平 (3文C )木 下 渚(2文E ) 北 園 丈 瑠 (1文E )
     個人総合 優勝 三 輪 哲 平 (3文C )
            5位 北 園 丈 瑠 (1文E )
     種目別 あん馬 3位 石 澤 大 翔 (3文C )
           平行棒 優勝 三 輪 哲 平 (3文C )
                  2位 北 園 丈 瑠 (1文E )
          鉄棒   2位 三 輪 哲 平 (3文C )
                3位 木 下 渚(2文E )

     予選を1位で通過したものの2位の市立船橋高校との差は、僅差でその他の学校は、上位2校とは大きく差が出て、文字通りの一騎打ちの戦いとなった。決勝は、床運動から始まり団体メンバー4名とも大きなミスもなくまずまずのスタートであった。ところが2種目目のあん馬で1年生の北園が、まさかの落下・・・チームにやや重い空気が漂いだしたときに3年生でキャプテンの三輪が、抜群の実施でチームを盛り上げ持ちこたえた。3種目目の吊輪を無難にやりきり、次は勝負種目の跳馬であった。実は練習段階では、木下の調子が悪くもう一つ着地に不安があった。また、エースの三輪も予選では回避した最高難度を実施できるかどうかといった状態であった。そんな中トップバターの石澤が、完璧な実施で着地までピタリと止める素晴らしい実施であった。その後北園がこれに続き、木下は、練習での不安は何のその余裕の実施であった。そして最後の三輪が高校生では、唯一の最高難度を見事に決めチームの雰囲気は、上がってきた。続く平行棒は、清風の得意種目でトップの石澤にミスが出たものの他の3名が、レベルの高い演技を成功させいよいよ最終種目の鉄棒となった。鉄棒では、トップバッターの石澤が、跳馬に続き着地までピタリと止め完璧なスタート。それに続き北園・木下まで着地をピタリと止めるまさに神がかった実施であった。ラストの三輪も着地で一歩出したものの見事な演技ですべての演技を終えた。近年まれにみるレベルの高い素晴らしい演技であった。この後清風が休憩に入りライバルである市立船橋高校が床となった。敵もあっぱれなかなかの演技でまさかの同点・・・・・本来ならタイブレイクのルールを適用し、清風の優勝となるところであったが、高校生の大会ということでタイブレイクルールは、適用せずに両校優勝となった。本当に最後まで手に汗握る素晴らしい大会であった。この大会で経験したことを大いに生かして、今後東京オリンピックへ向けて頑張ってもらいたいものだ。

     

     

大阪体育大、鹿屋体育大、駒沢大、順天堂大、日本体育大

  • 練習風景

  • 試合風景

  • 試合風景

清風学園 清風中学校・高等学校
〒543-0031 大阪府大阪市天王寺区石ケ辻町12-16
TEL:06-6771-5757
入学案内

Copyright (C) 2014 Seifu Gakuen. All right reserved.